仙臺鹿の子:

巻之四

12G

 

~ 薩摩 加賀 仙臺 毛利

  黒田 細川 其外~

 

別資料(KT)

p32

10G

 

~ 加賀 薩摩 案芸 墨(黒)田

  佐竹 上杉 ~

 

 

 

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/佐竹氏

徳川・上杉・毛利・前田・島津とともに「豊臣六大将」

 

 

 

歴史 - よこかんみなみ


www.yokokan-minami.com/site/rekishi/kaido_toku.html
-キャッシュ

それは大名の配置が道路網構築と一体で、街道を守ることが即ち徳川幕府を守ることだったからです。 ... 四間(5.4~7.2m)、徳川主要な城下は五間(9m)かそれ以上、箱根峠など急峻な山間部では二間(3.6m)となっていたようです。

禍(か・わざわい・まが)まがまが-・し 【禍禍し】

 

f:id:TAS-net:20200905103921p:plain

 

 

(か・わざわい・まが)

禍 | 漢字一字 | 漢字ペディア

 

まがまが-・し 【禍禍し】

まがまが-・し 【禍禍し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}

 

不吉だ。縁起が悪い。

 

出典枕草子 にくきもの

 

いまいましい。憎らしい。

 

出典宇治拾遺 二・七

 

 

 

 

codh.rois.ac.jp

 

 

http://codh.rois.ac.jp/char-shape/unicode/U+798D/

 

 

 

JAL123:B747:JA8119:真相は?:

JAL123:B747:JA8119:

 

 

日航123便墜落事故原因に迫る新事実!この事故は「事件」だったのか!?|Web河出

圧力隔壁修理ミスが事故原因だと公式発表されているが、現場でこの事故に関わった人たちの中には、腑に落ちない出来事が多数あり、それが今なお心の奥底に大きな疑問となって渦巻いていることにも気付かされた。

 

4名の外に100名の救える可能性を無念の結果としてしまったのは?

 

 

 

 

 

 

 

中曽根元首相「真実は墓場まで持っていく」発言は本当にあったのか?(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

1996年12月30日号『AERA』でも言っていない

 この「日本航空123便墜落事故」説を否定するものとして、1996年12月30日号『AERA』誌上で中曽根元首相が「労働組合を壊すために国鉄を民営化した」ことを喋り、これについて「墓場まで持って行くはずだった」と語ったという説も調べました。

 

 

日本OS【TRON潰し】は自民党が行った最も恐ろしい売国政策!Windowsよりもはるかに素晴らしいOSであった!米国の要求に応えて日本政府が止めた!こんなに愚かな国が世界のどこにある!日航123便 - みんなが知るべき情報gooブログ

 

日本OS【TRON潰し】は自民党が行った最も恐ろしい売国政策!Windowsよりもはるかに素晴らしいOSであった!米国の要求に応えて日本政府が止めた!こんなに愚かな国が世界のどこにある!日航123便

2019-05-01 19:56:41 | 政治

 

 

 

ヒサカタ瓢形

瓢 (瓜の爪なし)と形で、ヒサカタと表記されていた。

文字コードでまだ見つかってない文字

 

古史序

 

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2533193

 

輪池叢書. 13

P27/81

 

 

[枕]「天 (あめ・あま) 」「空」「月」「雲」「雨」「光」「夜」「都」などにかかる。 [補説]かかり方未詳。 主に大空にかかわる語にかかるが、語義についても、「日射す方」意、「久方堅」から、天を永久に確かなものとする意など、諸説がある。

 

 

ひさかたの - 詩歌 - 漢詩・詩歌紹介 - [学ぶ] - 関西吟詩文化協会


www.kangin.or.jp/learning/text/poetry/s_D1_22.html
-キャッシュ

ひさかたの<紀友則>; 久方の光のどけき 春の日に; しづ心なく 花のちるらむ. ひさ かたの<きのとものり>; ひさかたのひかりのどけき はるのひに; しづごころなく はなのちるらん. 語意. ひさかたの: 日・空など天体に関する語にかかる枕詞( ...

 

猶貴面(なほきめん)

猶貴面候

 

#601-2

太子に御立無候ては 御立銀等も無も有候

江戸時代の絵画、書、和歌、俳句、古文書 - 南竹の収蔵品v

 

 

 

 

 

 

猶貴面(なほきめん)」(なおくわしくは直接お会いしたおりに)